2012年05月03日

あ、アタシたちは

バカだけど、

人類の厚みを出すのに役立ってんですよ!
posted by なつ at 10:50| Comment(0) | 台詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

悪魔に変化

大体、例えて言えば。

進路指導だっつってマストな面接のついでに、
「いい機会だ、何か言いたいことがあれば言ってみろ?」
とかそっからしてすでにうぜえ。30年古りぃんだよ。
あるわけねーだろ、んなもん。

それでも、「別に」でも「別にありません」でもなく、
きちんと「特にありません」って礼を尽くしてこっちは
応えてやってんのに、そこでなんだ?
じゃあ言わせてもらいますけど的にぺらぺらぺらぺら語り出しやがって、
結局喋りたかったのはてめえの方じゃねえかよ。

こっちが100%下手に出るしかねえ機会を捕まえて、さも公的な
見解であるかのような味付けで、なんのことはねえ、てめえの私見
開陳してどうするよ。しかも2年も前に1回きりだ? 鼻で笑わねえように必死で
耐えた俺を褒めるんだな。どうせ苦し紛れにこじつけたんだろうが、

安い手だぜ。


百歩譲って、ご指摘の点に、なにか改善すべきところが、
俺の今後の未来の発展に貢献する、素晴らしいヒントが含まれていたとしても、


それを言うのは二つの意味でてめえの役割じゃねえ。
立場から言ってもまるでお門違いだし、


なにより、

てめえみてえな霊性の低い動物に、そんなこと言われたくねえんだよ。



勘違いにも程がある。


それともなにか?俺に遊んで欲しかったのか。
俺もてめえの誘いに乗って、「んじゃあ言うけど、てめえはまず、
そのフォーク思考を何とかしろよ。そんな頭で外部交渉されたんじゃあ、
こっちの知性が疑われて迷惑なんだよ」とか言えばよかったのか?


吐く息は、甘い吐息用に取っときてえのに、溜め息になっちまうだろうが。



てめえみてえのはただ、ここでちょっといいこと言ってやろうとか変な気ィ
回さねえで、黙って真面目に人一倍働いてりゃいいんだよ。
それで世の中平和に、上手〜く回ってくんだよ。弁えろ。



何でもかんでもてめえの知ってる価値観に引き寄せようとしやがって。


ちょっと考えりゃ、ウチの客が、
てめえの周りにごろごろいるフツ―のジジイとは違うことが、
よくわかんだろうに。てめえの頭じゃ想像もつかねえような修羅場を、
奴ら何度も潜りぬけて来てんだ、多少のことじゃあ驚いたりしねえんだよ。



ビビってんのはてめえなんだろうが。すり替えてんじゃねえ、バカが。





ああ。

これこそが俺の弱点だ。



下から引っ掛かれる。


どっかにその隙がある。



今後の改善点があるとすればそこだ。
修行するならそこなんだよ。




(いつか使ってやる)
posted by なつ at 22:39| Comment(0) | 台詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年06月12日

暑くなってきたらやっぱこれ。

nirvana.jpg



さて、

存在の50%(以上)が妄想でできている方なら
誰しもそうでありましょうが、

かくいう私も、

あらゆるときに

何の前触れもなしに、

様々なシーンが(ビジョンとして)浮かんだりするのであります。


曰く、


歩いているとき、
寝ようとするとき、
起きようとするとき(これが結構多いんです)
(上二つはネバーランドに行ったり来たりするとき、
と言ってもいいですね)、
どこかで何かを見たとき(誰しもどこかで何かは見ているが)、

私はトイレの時間は非常に短いので
厠上、というのはありませんが、

とにかく!


たまに「台詞」が形を成すこともあります。
こちらの方はなんのことはない、自分の現在の気持ち、
あるいは魂の方向性などが形を変えて出てくるもの
である場合も多いのですが、


この数日頭を過ったのはこれです。



「お前もそろそろ 人を束ねる 覚悟を決めるんだな」



束ねる


というところは「率いる」の意味が強いのですが、
口語であまり使いませんもの。「ひきいる」。
口が ひきつり そうです。



少し前にはこんなのがありました。


「男らしく俺を抱きてえか  それとも

 年下らしく 俺に抱かれてえか」


(免疫のない皆様 ごめんなさい)



このように突如として浮かぶ台詞を残しておくのも一興かと思いました。

いつかそれをまとめて、
一つの作品ができるかもしれない。



(んなわけないか)
posted by なつ at 14:38| Comment(0) | 台詞 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする